何を冷蔵庫に入れれば良いのか

買ってきたものを、全て冷蔵庫に入れて保管している人が見られます。
しかしものを詰め込み過ぎると、保冷効果が弱まるので注意してください。
食品でも常温保存できるものがあります。
冷蔵庫内のものを減らすことが、保冷効果を高めることに繋がります。
1回、整理してみると良いですね。
またどこから冷たい空気が出てくるのか把握しましょう。
その前にものを置いていると、全体が冷えなくなってしまいます。
空気が出るところには、なるべくものを置かないようにしましょう。

冷蔵庫を開ける時間を、短くしてください、
長時間開けていると、冷たい空気が逃げてしまいます。
何を取り出すのか事前に決めて、すばやく開け閉めすると良いですね。
また、冷蔵庫内に暖簾を付けるのがおすすめです。
暖簾があると冷蔵庫を開けても、空気が逃げにくくなります。
冷蔵庫用の暖簾が販売されているので、さっそく使用すると良いですね。
すると弱い力で内部を冷やせるので、省エネ効果も生まれます。

どこに何があるのかも把握しましょう。
場所をわかっていないと冷蔵庫内を探さなければいけないので、開けっぱなしにしている時間が長くなってしまいます。
牛乳や卵など、常にストックしている飲料や食品があるでしょう。
それらは、毎回同じ場所に置いてください。
それぞれの置き場所を決めることで、探しやすくなります。
家族にも、使用したら同じ場所に戻すことを徹底させましょう。
みんなで取り組むことが欠かせません。

場所を決めたら変えないこと

調味料や飲料など、常に冷蔵庫にあるものも多いでしょう。 それらの位置を決めたら、もう変えないでください。 常に同じ場所に置いていると、冷蔵庫を開けてすぐ取り出せるので開閉時間を短縮させられます。 調味料を使用した後も、元の場所に戻すことを守りましょう。

Copyright © 冷蔵庫の保冷を高める方法. All Rights Reserved.

TOPへ戻る